丁仁愛

記事一覧(41)

味の好みの傾向はどのような食べものにおいても共通する

試飲でよく行く駅の近くにめちゃくちゃ美味しいお蕎麦屋さんを見つけてしまい、しばらく通うことになりそうです。相変わらずワインの試飲は続いていますが、こまめにメモを残さないのが良くない...今回はこちらの二本Corton Charlemagne Grand Cru [2009] Domaine Rollin Pere et Fils Chateau Montrose [1985] ドメーヌ・ロランのコルトン シャルルマーニュ 2009。コルトンシャルルマーニュはガッチリした骨格が特徴的な特級畑。2009は2005に続く当たり年ですが、2005とはちょっとニュアンスが違っていて、赤も白にも言えるみたいです。飲んだ感じはミネラルたっぷりで オノマトペで例えるなら「パンパカパーン!」という印象。最近のアルバイトの後の飲み会にはディディエ・モンショヴェのアリゴテ(2017)飲みましたが、飲み始めの香りが絵の具のような癖がありました。ガメイ臭なんだけど、なんと表現したらいいかわからないのでとりあえず絵の具の匂いと言っておきます...岩舐めてるみたいな白ワイン飲みたいな。牡蠣と合わせてね。2杯目はボルドーの古酒に初挑戦。シャトーモンローズ1985です。ボルドーというと色がどす黒くて味が詰まっているので飲み疲れてしまうので離れていたのですが、古酒だったらいいかな、と思い注文。まず香りを試した瞬間、衝撃的でした。要素が分解されて色々な香りがしてくる。胡椒、燻製、ほんのりと苺ジャムのような甘い香りも。ボルドーに感じてきたタンニンは、古酒だからかな?軽めに思いました。ルビー色というか、まさに熟れた苺で作ったジャムのような色味で綺麗でした。ボルドーの古酒は特徴が分かりやすいから楽しいな。あまり量飲めないけど。にしても澱が凄かったな。

ピノ・ノワールの誘惑とソーテルヌ

ものごとを突き詰めるのには根気がいるのでなんとなく後回しにしていたのですが
時間ができたので気になっていた貴腐ワインを見に、某ワインショップへ行ってきました。 初めての貴腐ワイン。 GETしたのはChateau Lafarie-Peyraguey [2004] シャトー・ラフォリー・ペラギーこちらのハーフボトル。 今、飲むために冷やし待ちです。 ブルーチーズも購入すればよかったかなと今更後悔してますが、一口目は単体で楽しもうかと思います。 
他のワインやチーズやバターなど一通り見た後に
テイスティングコーナーでワインを2種類試してきました。Gerard Seguin Gevrey Chambertin Les Cras [2015] Jean Fery et Fils Corton Grand Cru [2013]
 ピノ・ノワールに興味があったので、こちらの二種類に決定。ドキドキしながら試飲。

2015年はいわゆる当たり年らしいです。
飲んだ感じはずっしりとしていて、アルコールの匂いがツンと気になります。ピノ・ノワールにしては渋いなという印象。それだけ葡萄が濃いのでしょう。きっと熟成されていけば良い出来になりそうな、若々しいワインでした。 対して2013年のコルトン。
同じピノなのに畑や年や作り手でこんなに違うんですね。
時間が経つにつれ、どんどん苺のような香りが開いていきます。渋みはシャンベルタンよりもぐっと少なく、フレッシュな酸味が広がります。今回の2種類のブルゴーニュは、二人の幼女みたいな感じがする。笑 4歳と8歳の女の子。まだまだ色気やエロスには程遠い、かちっとした身体つきの無邪気なワイン。 私はワインのテイスティングをしたのは初めてで他のブルゴーニュもボルドーも全く分からないのですが、2013のコルトンですらまだ若い味なのであれば、1990年代のワインなどは一体どれだけ香りが深くて味わい深い酸味なのだろうか…と好奇心に駆られてしまいました。

あぁ、なんて魅力的なんだ。ピノ・ノワール…
あの酸味が病みつきになりそうです。
またバイト代が貯まったら、こうして少しずつ試飲を繰り返して飲み比べしてみたいと思います。
これで一生貧乏でも仕方ないか…ウゥお店にボルディエの有塩バターが置いてあって買おうかとても迷い、結局溶けてしまうのが怖いのでネットショップでGETすることに。他にもバターの種類が色々あるようなので、調査して気に入ったものが手に入ったらまたレビューする予定です。

バターLOVE